Aphrodite's Child2010/07/16 00:26

 プログレファンには有名な1枚を紹介。

ギリシャの「Aphrodite's Child」三作目にしてラストアルバム、1971年発表2枚組全24曲の大作「666」邦題=アフロディーテス・チャイルドの不思議な世界。
って邦題を考えた方は、一通り聴いて直感で付けたであろうタイトル。でもそのままズバリ(笑
名タイトルです。
メンバーはキーボードのVangelisを中心に4人。Vangelisといえばプログレファンなら知ってると思うが、一般的には映画「炎のランナー」、「ブレードランナー」、更には日本の「南極ランナー」・・・ではなく「南極物語」のテーマ曲を作った人と言ったほうがわかりやすいかと。

その内容はといえば映画のようなキーボード中心ではなく、しっかり?バンドしてます。
ヨハネの黙示録第13章をモチーフにしたコンセプトアルバムのようだが自分にはそんなことはさっぱり。しかし、曲としては非常に面白い。聴けば聴く程「不思議な世界」へ導かれること必至!
中でも「∞」という曲はいろんなサイトで紹介されていて、不思議というかなんとも・・・。この曲のヴォイスは女優のIrene Papasらしいのだが、女優根性を見せつけられた(聴かされた)というか、すごいの一言。決して外に音が漏れないよう、更には小さい子には絶対聞かれないように気をつけなければならない危ない名曲である。

Akritasと並び、自分的にギリシャ傑作アルバムの1枚であるが、同様に一般的には決してお薦めはしない。
もし中古で売ってても結構な価格だと思うので、内容的にも金銭的にもそれなりのリスクを背負える方は是非お手元に。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hohen.asablo.jp/blog/2010/07/16/5220408/tb