Kultivator2010/09/24 01:33

 久々に紹介は、チョッとマニアックなアルバム。
スウェーデンの「Kultivator」1980年発表唯一作「Barndomens Stigar」。
因みに「Kultivator」は日本語の「耕耘機」。なぜ耕耘機・・・。

曲調は全体にアヴァンギャルド寄りの攻撃的なカンタベリー系といったような何とも形容の難しいジャズロック。
幾度となく言っているが、こんな曲調の時は全てプログレとジャンル分けされる。

内容はといえば、とにかく演奏が絶品。安っぽい表現だが、「カッコイイ!」の一言。
プラス、女性ヴォーカルが更に味を豊かに。
なぜ、こんないいグループが1枚で解散してしまうのか非常に残念である。
それぞれのメンバーの個性がぶつかる為か、このようなテクニカルなグループには何かありがち。
それはアマチュアでも、更には会社でも・・・か?
そんな事はさておき。

1曲1曲の解説はあえて割愛。
一般的にはあまりお薦めできないが、カンタベリー、ジャズロックが好きな方は、このジャケットを見かけたら買い!
自分的ベスト10に入る大傑作!!(あくまでも自分的にです)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hohen.asablo.jp/blog/2010/09/24/5363518/tb